中国女子大生の日本生活日記


by applesheep

カテゴリ:赤門物語( 11 )

♪卒業♪

最近ブログをサボってたね(^^;この一ヶ月卒論を書いたり、修論発表を準備したりしたので、許してくださいね~
ようやく、先週修論審査が無事に終わって、小りんごは卒業しちゃうんだ!
はやい!すごくはやい!入学したのはまるで昨日のことみたいで、学校にはたまに迷ってるし、「東大生」って言う呼び方にもまだ慣れていないうちに、OGになってしまうの。就職することを決めたので、小りんごの学生時代はこれで終わっちゃう…
ちょっと懐かしいな~あたしの青春~(自爆)
小りんごは学生生活が大好き、自由な生活が好きだから。学校にいれば、自分の心がまだまだ若いような気がする。徹夜勉強の大変さがあれば、成果が認められたときの嬉しさがある。生活の苦しさがあれば、たくさんの友達と一緒にいた楽しさがある。2年間の留学生活は本当に楽しかった。一生でも忘れられないいい思い出になった。
学籍はまだ一ヶ月があるけど、たいていやることはなく暇な状態になった。暇といっても、暇じゃない。今住んでいる寮を出て行かなければならないので、また借家を探し、引越ししちゃう。あ~もう何回目の引越しだろう?嫌だなぁ~
とにかく、小りんごの生活はまた新しいページを開くの~
[PR]
by applesheep | 2006-08-28 20:33 | 赤門物語

曇り

いつも楽しそうな話ばかり書いてますけど、実は、小りんごの生活は笑顔ばかりじゃなくて、辛い時も落ち込む時もたくさんあります。
就職活動を始めてから、たくさんの会社を応募しています。しかし、筆記落ちた、グループディスカッション落ちた、グループインタビュー落ちた、個人面接落ちた・・・全パタン経験しました(苦笑)。志望度の低い会社なら、「どうせ行きたくないから」って自分に言い聞かせます。でもできたはずの会社も第一志望群の会社も落ちたばかりで、ショックを受けました。(_ _)
いい学歴で評価されるなんて甘い考え方は早めにやめましょう。現実の世界は実力で勝負です。人事の視点や評価基準が分からないですけど、会社との相性は見極められたと思います。
原点に戻って、再出発します!
[PR]
by applesheep | 2006-03-30 15:48 | 赤門物語

徹夜明けの朝

 一夜に論文に苦闘して、ファストバージョンが終わった時、もう夜明けになってしまいました。旦那のたまたまのいびきの声とカラスの鳴き声は私を伴っていました。虫のようなアルファベットを10時間ぐらい見つめて、頭はもうぜんぜん動きません。
 採択率の低い国際学会だから、受かる自信を持っていません。おそらく締め切りまで何回も修正しなければなりません。「頑張る」って言う意味はいまさらわかるようになりました。早速先生のほうに論文を送って、書き直させられないように祈っています。
 あ~とりあえず、今日の一日はちゃんと眠ります。
 お疲れ様、お休みなさい。>自分
[PR]
by applesheep | 2006-03-16 06:25 | 赤門物語

就職速報-初めての面接

 今日はあるシンクタンク系会社のインターン面接を受けたんだ。結果が届けるのはまだまだですが、落ちるに決まってるんだと思います。(爆)
 今日は就活してから初めての面接だった。最初はどうしたらいいのか分からなくて、ちょっと緊張してたの。でも人事の方はとても優しくて、厳しい雰囲気じゃなかったんだ。
 第一段階は面接官二人VS学生四人のグループ面接だった。ウェブサイトに提出したエントリーシートに基づいて、掘り下げた一般的な質問をされた。それらの質問に対してはちゃんと答えを用意したから、重要なことを若干言い忘れちゃったけど(汗)、無事に終わった。ある質問を答えたとき、マネージャさんは頷きながらメモを取ったことを見えて、ちょっとうれしかった。
 第二段階は外国人にとって、最も難しいことのグループディスカッションだった。社員さんからテーマを説明してもらって、10分ぐらい考えた後、ちゃんと筋を立てて、自分の論点と理由を説得的に述べなければならない。その後、グループ全員一緒に20分ぐらい討論して、結論をまとめて社員さんにプレゼンテーションすると言う形なんだ。そりゃ結構大変だったわ(´△`)他の3人と比べて、私の個人発表は短かったし、言葉はつまらなかったし、一番重要な文脈もめちゃくちゃだったの(=>_<=)。ディスカッションした時はできるだけ積極的に意見をだしたいと思ったが、やはり発言は一番少なかった…
 でも、もともと練習として行ってみようと考えたので、面接ってどう言うことをすこし分かってきて、いい勉強になったと思う。これから、このような面接は何十回もあるかもしれない。内定もらうまで精一杯に頑張ろう!
[PR]
by applesheep | 2006-01-11 21:44 | 赤門物語

2006年目標(一)

 2006年は、小リンゴに対して、非常に重要&大変な一年です。06年は始まったばかりなのに、小リンゴの手帳はもういっぱい書いちゃったんです。今年の目標と言うか、完成しなければならない任務はたくさんあります。

第一、就職

 日本で就職したことがありますが、就職活動を参加した経験がありません。その前の仕事は、筆記試験も面接もなかった、大学の卒業証明書と日本語能力試験の合格証明書を持って会社に入りました。今考えると、会社は甘すぎでしたね!
 大学院に入って、先輩たちの仕事を探す様子を見て、日本の就職活動と中国とは全然違うって感じました。卒業する一年半前(つまり入学して半年後)から、皆スーツを着て、各就職説明会やセミナーを回り始めました。何ヶ月がかかって、内定をもらうまで、20社以上の企業も応募した人が少なくないです。その時、もう翌年の4,5月になってしまいました。その過程を想像だけでも大変です。
 しかし、今回は他人じゃなくて、小りんごの番です!(´△`)秋入学の学生として、もうやや遅かったような気がします。去年年末からインターネットで各企業の資料を調べて、興味のある業種や職種の情報を収集始めました。不安ながら、いくつかの企業の説明会を参加し、エントリしました。どこでも外国人の姿はとても珍しいようです。しかし、人事の目で見ると、外国人でも日本人でも差別がぜんぜんありません。外国人なので特別に優遇されることなんて、一切ありません。日本で働きたいなら、ぺらぺらの日本語は前提です。何百倍の倍率を勝ち抜き、内定をもらうのは本当に可能でしょうか?!
 年明けになって、就活も本番です。エントリシートや履歴書の作成、筆記試験の勉強、面接の準備、必ず通らなければならない道です。その道を歩き出した小リンゴは一体どのような終点に到着しますか??本ブログの特ダネです。(爆)
[PR]
by applesheep | 2006-01-04 18:54 | 赤門物語

小りんごの生活

中間審査、就職活動、学会発表・・・その順番に並べると、ブログは何番になるだろう。感想があっても、出来事があっても、書きたいことがあっても、何も書かなかった。ブログの書く時間は全部論文の書く時間に占められちゃった。書きっぱなしにした日記はいくつかあって、後半を書き続ける時間はなかなか取れなかった。
 朝四時寝て、9時半起きて、11時学校に着いて、発表資料を用意して、13時40分カップラーメンを食べて、2時から会議・・・それは今日のスケジュールだった。風邪を引いたのに。(T-T)
 ようやく幸せな晩御飯の時間になる。友達と一緒にしゃべりながらご飯を食べるのは、一日中最も楽しい時間である。でも話題は、やっぱり中間審査、就職活動、学会発表かな。(――;
 これは、小りんごの真実な学生生活である。
[PR]
by applesheep | 2005-10-31 17:56 | 赤門物語
今日はパソコンを開けて、先生のメールが届いた。送信時間は午前中4時半のようだ。(--;
昨日は週一回のゼミの日。私は目覚まし時計の設定ミスで、起きたのは予定より1時半も遅くなっちゃった(汗)。しかも、電車も不明な原因で遅れたんだ。もちろん、昨日は大変遅刻だった(狂汗)。(←話はちょっと離れちゃった^^;)
先生は私と打ち合わせの時間を約束するために、「私が不在(=徹夜明けの今から28日までワシントン出張)」って言うようなスケジュールを教えてくれた。
え?!一日の会議が終わった後は、また徹夜したの?徹夜明けから、アメリカに行っちゃった?先生の忙しさがある程度分かってるけど、それまで頑張ってるのは私もちょっと驚いた。
自分のことを考えると、恥かしく思ってる。先生のような偉い人になりそうがないけれど、自分は大切な時間を無駄にしちゃってるのが、情けない。
皆さんはどう思う?先生の一日と比べると、私は自分の生活が甘すぎじゃないかと考えてる。
偉い人っては、普通の人より大変な苦労をなめる人だろう。
先生に見習って、もっと頑張ろう!
[PR]
by applesheep | 2005-06-24 00:38 | 赤門物語

彼と彼女

彼と彼女は同い年。
彼は修士、彼女は博士。
彼の研究室と彼女の研究室は同じフロア。
彼はかっこいいと言えないけど、熱心、善良、やさしい人。
彼女はきれいなテイプではないけど、いい気質があると言われている。
彼は恋愛の経験なし、知り合った女性も少ない。
彼女は恋愛の経験なし、彼女を追ってる人が多い。
・・・
気づかないうちに、彼は彼女のことを好きになった。
彼女をひきつけるために、彼は自分を変えている。
彼女を傷つけないために、彼は告白していない。
彼女に幸せを与えられる自信を、彼が持っている。
彼女に気に入られる自信を、彼が持っていない。
彼女は、何も知らないまま。
・・・
小りんごは彼の友達、小りんごは彼女の友達。
小りんごは彼の誠意に感動された。
小りんごは彼と彼女とは恋人になって欲しい。
小りんごは、彼が彼女を好きだと彼女に伝えた。
彼女は、彼がただの友達だと小りんごに答えた。

彼はどうして自分の愛を彼女に受入れさせるのを苦しんでいる。
彼女はどうして傷つけないで彼を断るのを悩んでいる。
d0011468_1556858.jpg
普通の夏の普通の一日。
普通の男と女の普通の恋愛物語。
愛、なぜ人は求める?
恋、なぜそんなに難しい?




                        学校の講堂

[PR]
by applesheep | 2005-05-23 16:17 | 赤門物語

輪講終わった!

久しぶりの更新だね!
この一週間は輪講のために、死ぬほど忙しかった。
輪講って言うのは、大学院生年一回の発表だ。25分ぐらいの発表だけど、準備は250時間もかかっちゃった。(--;すごく疲れた!
めちゃくちゃ眠いんだけど、あんまり眠りたくない。ようやく暇になって、寝ちゃうと時間が無駄になってしまうと思って、頑張って遊んでる。(自爆)
あ~ヒマ!(^^;
[PR]
by applesheep | 2005-05-20 16:24 | 赤門物語

水曜日は眠い(-"-)

水曜日が大嫌い。原因は、水曜日が研究室のゼミの日だ。
そのせいで、毎週の火曜日は発表の準備に忙しくて、朝2,3時まで起きているのは珍しくない。ゼミは朝9時半なので7時に起きなきゃ、朝寝坊のあたしとしては、とても辛いんだ!4時間ぐらいの睡眠はもちろん不足、ゼミの時は「先生に見られちゃってやばい」と思いながら、寝ちゃったんだ・・・(--|| 
めちゃくちゃ眠いzzZZZ
[PR]
by applesheep | 2005-03-30 15:18 | 赤門物語