中国女子大生の日本生活日記


by applesheep

不思議な出会い

今日はいつもと同じ、9時過ぎ、主人と一緒に家を出た。駅に着いて、定期を改札機に入れるところ、「おはようございます」とある人に呼ばれたんだ。
見ると、背が高くて中年の男。ぜんぜん知らない人だ。あの人は「すみません、ちょっといいですか?」と言いながら、ポケットの中から、あるものを取り出して見せてくれた。なんと、警察のバッジだ!あのおじさんは警察?!しかも私服警官?!へ?!なんで?私たちは犯人みたいなの?!
「日本人の方ですか?」
「違います、中国人です。」
「パスポートや登録書などを持ってますか?」 //まるで不審尋問じゃん!
惑って登録書を渡した。
「学生さんですか?」
「はい、学生です。」 //東大生だ、犯人じゃないよって心の中で叫んだ(--メ
「来たばかりですか?」
「違います。」 //来日時間は登録書にはっきり書かれてるよ!(--;
「・・・」また何か聞きたがるようだけど、「すぐ発車ですよ、急いでですけれども」って主人は口を出した。
「あ、すみません」
ようやく証明書などを返してもらって、ぎりぎりで電車を間に合った。(--;
警察のおじさんはすぐ消えちゃったんだ。

いったいどういうこと?!なぜ私たちを止めたの?!解けない謎になった。

ちなみに、今日は機嫌を乗って、主人とは「情侶装」を着てる。(情侶装っては、恋人の着てる同じな服だ。日本語でなんだっけ?)そのTシャツのせい?謎!
[PR]
by applesheep | 2005-06-09 19:47 | 茶余飯後