中国女子大生の日本生活日記


by applesheep

中国語のメールが届いた

 昨日また生徒さんからの中国語のメールが届いた。中国語の勉強を始めて3ヶ月間の人なので、もちろん文法や言葉の使い方は間違いがあるけど、先生の私はとても嬉しかった。
 そのメールを写して、今日の授業で間違ったところを一つずつ直してあげた。授業の内容は難しくなるとともに、生徒さんの質問も多くなってきた。ネイティブスピーカーに対して、当たり前のことは、外国人としてはどうしても理解できないかもしれない。考えたこともないことを質問された時、準備不足ではいけないって痛感した。
 「発音を覚えても、声調を注意しなくてはだめ」って私に指摘された後、生徒さんは発音を練習できるサイトを見つけて、声調の練習をいっぱいやったらしい。今日の授業ではだいぶ上手になった気がする。よく頑張ったなって思って、とても感心だ。
 
 最近、自分の研究は壁に突き当たって、ちょっとガッカリしてる。生徒さんの頑張ってる姿を見て、自分でも励まされた。元気を出して、研究に頑張ろうと思ってる。もちろん日本語や英語の勉強もなおざりにしない。
 中国語の教えることに、とても充実感をして、このバイトをやってよかったと思ってる、はい。
[PR]
by applesheep | 2005-10-02 00:18 | 打工一族