中国女子大生の日本生活日記


by applesheep

交通麻痺であった

土曜日は、予定通りバイトに行ったんだ。授業の内容が多かったので、生徒さんの要求に応じて、30分を延ばした。その30分のせいで、帰るのは3時間遅くなった。(汗)
帰り道、国会議事堂前で乗り換えたとき、突然大きくて耳ざわりの音が鳴いた。何か壊れたかと思ったが、その後、地震のアラームだと分かった。アラームの後、「地震のため、東京メトロ全線見合わせる」というお知らせはアナウンスされた。
多分地震が起こった時、私は電車の中にいたので、揺れるなんてぜんぜん感じなかった。だから、地震の強さもぜんぜん分からなくて、すぐ再開じゃないかと甘く思った。
30分後、電車は動こうにも見えない、事情の重大性が分かってきた(←鈍すぎ)。主人に電話しようと思ったが、何度掛けても通じなかった。他の人も皆いらいらして、駅員さんは何度も何度も情況を説明してた。聞いてみたら、帰れる方法は、タクシーしかない。無理だなぁ。
公衆電話で掛けて見たら、やっと電話が通じた。今回の地震は5度強で、すべての電車や地下鉄は見合わせるし、皆が電話してるので、すごく掛けにくい状態だと主人から教えてもらった。住んでるところの震度は5度以上で、すごく揺れたらしんだ。主人とはちょっと喋って、すこし安心した。でも、やっぱり帰れなく、待つしかなかった。(--;
遅くなるとともに、お腹もすいてきた。飲食店などに行こうかなと思って、駅を出て見たら、なんと、駅名の通り、国会議事堂や首相官邸などのビルばかり、コンビニや喫茶店や何もなかった!(--メ
頭悪い子だけど、緊急な時頭が動いた(自爆)。国会議事堂前駅と溜池山王駅とは通じることを思い出した。溜池山王方面を出て見ると、予想通り普通の町のようだ。すきやを見えた時、もう一歩も動きたくなかった。牛あいがけカレー(名前違うかな?)を食べて、すげぇおいしいと思った!(^^;
だいたい回復した後、また駅に戻って、もう三本線は動いた。乗りたい電車はまだだけど、他の線で遠回りして、8時過ぎようやく家にたどり着いた!
三時間ぐらい待ってたあたしは、もう何もしたくなかった。地下鉄に頼るシティーは、やばいぞと思っていた。
[PR]
by applesheep | 2005-07-25 17:30 | 茶余飯後